糖質量6.6g★豚しゃぶ肉でとろーりチーズ包み焼き♥先輩ブロガーさんのレシピをリピート♥低糖質ダイエットメニュー♥5/5

投稿日:2013.05.10 カテゴリ:こんだて&家計簿 - サラダ - 豚肉のおかず

5/5の夜ごはん・低糖質メニューde_01_0064

IMG_1457

豚しゃぶ肉のとろーりチーズ包み焼き・フレッシュ野菜のサラダ 糖質量6.6g

 

先輩ブロガーさんのおいしいレシピ

まるみさんのブログ「私の低糖質ごはん日記」で紹介されてた豚肉でとろーりチーズの包み焼きimage06 (1)

以前おともだちとのランチで作ったら大好評やったし、リピートで作ってみたimage15

まるみさんが記事で書いているとおり、しゃぶしゃぶ用の薄いお肉で作ると、カリッ!ザク!トロッ!って食感がとってもおいしいo(〃^▽^〃)o

今回は照り焼きソースに、穀物酢と豆板醤を足したピリ辛のソースをからめていただきましたimage28

 

ポン酢とごま油をミックスしただけのあっさりドレッシング

レタスとトマトときゅうりのサラダに、包み焼きで余った大葉をのっけたサラダimage35

先日の献立で余ったポン酢(もどき)があったので、そこにごま油を足して簡単なドレッシングにしてみた(๑◕ܫ←๑)

ポン酢作るときにけっこうだし強めにしたので、香り良くおいしいドレッシングができましたimage11

 

簡単な無添加だし汁の作り方

だしの素っていっぱい添加物や糖質が入ってますde_01_0023_p

品質の良い天然素材のだしの素もあるけど、いいものって素敵なお値段するのよねde_01_0023_p

 

そこでまろすけはいつも、魚粉を使ってますimage12

みそ汁やだし汁を作るときは、100均に売っているお茶パックに魚粉を入れて使ってます。

1カップあたり魚粉小さじ1くらいかなぁ。みそ汁のときはみそ入れる手前に引き上げればOKimage07

まろすけ愛用image31の魚粉image04 (1) 安いからまとめて買って冷凍保存しているよ。

無添加かつおさば混合粉末(魚粉) 1kg

価格:1,575円
(2013/5/10 10:08時点)
感想(3件)

んで、お料理にちょこっとだけだし汁が欲しいとき、ありますよね?

たとえばこの前ポン酢もどきを作ったんやけど、そのときは だし汁:しょう油:レモン汁 3:1:1 で作って、だし汁が大さじ3だけ欲しかったわけ。

 

そんなときは、レンチンしちゃいますde_01_0031_p

必要分のお水と、お茶パックに入れた魚粉を皿に入れて、レンジでチンするだけ。手軽でしょ?image20

レンジパワーで、香りがすっごく立ってキッチンにふわっimage09 (1)とだしの香りがただよいます。

 

ポン酢作ったときは、だし強めがいいかなと思って、大さじ3の水に小さじ1の魚粉で作りました。

魚粉は安くて、安全で、手軽で、良いですよーimage03

 

ひとりぶんの糖質量内訳 (材料 使用量/糖質量)

糖質量は食品成分データベース参照 ※食品に栄養表示があるものはそちらを記載

 豚肉のチーズ包み焼き 糖質量3.1g 

 野菜サラダ 糖質量3.5g 

 豚しゃぶしゃぶ用 150g/0.3g 

 大葉 3枚/0g

 とろけるチーズ 30g/0.4g

 塩 適量/0g

 つけあわせの野菜 /0.4g

 

 ★タレ★

 しょう油 大さじ1/1.8g

 焼酎 大さじ1/0g

 ラカンカット 小さじ1/0g

 穀物酢 小さじ1/0.1g

 豆板醤 小さじ1/2/0.1g

 トマト 1/4個/1.2g

 リーフレタス 2枚/0.2g

 きゅうり 1/2本/0.8g

 大葉 1枚/0g

 

 ★ポン酢もどき★

 だし汁 大さじ1/0.1g 

 レモン汁 小さじ1/0.6g

 しょう油 小さじ1/0.6g 

 

 ごま油 小さじ2/0g

今週の献立家計簿ノートと買い物・レシートは⇒こちらの記事

人気ブログランキングに参加しています。もしよろしければクリックお願いいたしますde_01_0073


人気ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます♪

コメントはお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>