台湾・台北の街歩き♥街のようす、写真UP♥

投稿日:2013.02.24 カテゴリ:台湾旅行 - 海外旅行と国内旅行

2013年1月に台湾・台北行ってきたので、街のようすUPo0020002011195579381

JTB の格安ツアーで行ってきた。3泊4日で34,800円image21めっちゃ安ない???

航空券・燃油サーチャージ・ホテル・朝食込み。フリープランで、空港からホテルまで日本語ガイドさんと送迎バス付き。

eチケットも空港手渡しやから忘れたりせんくて安心。JTBしっかりしててとても良いです。

 

IMG_9750

ホテルの窓からの風景。都会だぁー(石川県民の視点)

 

IMG_0439

ホテルから西門駅に歩くまでにあった鳥カゴ。私有地じゃなさそうだけど、誰が飼ってんだろ…?

 

IMG_9752

ベンチでひと休み。シルバーでおもちゃっぽくてかわいい。

 

IMG_9762  IMG_9760

街のようす。タイや横浜の中華街と雰囲気が似てる。

 

IMG_9759

台湾はものすごい数のバイクが走ってる。これはまだ少ないほう。

 

IMG_9768

台湾MRT(地下鉄)の駅。本数がたくさんあるから時間気にしなくてOK。

 

IMG_0443

歩道橋があるのに誰も使わず車道を横断する…

 

IMG_9774

綺麗に整備された通りもある。

 

IMG_0495

歩道が広ーーーい。やっぱ都会だなぁ。(石川県民の視点)

 

IMG_9865

台北101付近。

 

IMG_9873

台北101の前。でかい〜!ドバイのタワーができる前までは、世界一高いビルやってんと。

 

IMG_9906

台北101の最上階の展望フロア。ライトアップされた台北101の写真と同居人。

台北101の最上階は、揺れてる?のか、三半規管が激弱なまろすけはきもちわるくなりましたPIC000A1

 

★海外旅行保険について★

まろすけは最近、海外に行く時は、海外旅行保険かけずに行く。

なぜかって…実はクレジットカードって海外旅行保険が付いてるんやね。

おととしは知らんかったし、保険に入った。もったいないね。

 

カードによって保険付いてないのもあるし、海外に行く方はご自身のカード確認されると良いです。

まろすけは楽天カードとイオンSuicaカードを持ってて、どっちも海外旅行保険付いてる。

気をつけたいのが、クレジットカードの海外旅行保険には、「自動付帯」と「利用付帯」の2種類ある。

 

「自動付帯」⇒カードを持っているだけで、自動的に海外旅行保険がセットされる。

「利用付帯」⇒海外旅行に行く際の公共交通機関の料金をそのカードで支払いした場合のみ保険がセットされる。

 

ちなみに年会費無料のカードは「利用付帯」、もしくは「自動付帯」でも補償額が低い という傾向にある。

まろすけの楽天カード、イオンSuicaカード、どっちも年会費無料のカード。

 

まろすけの楽天カードは「利用付帯」。

この場合は、飛行機やツアーの予約のときにクレジットカード払いにすればOK!!

まろすけは去年タイに行ったとき、飛行機の予約する時にクレジットカード払いが選択できんかったし、自宅から空港まで行くタクシーの料金をカードで支払いした。

これも全然OK!!要は旅行のための公共の移動手段の料金の支払いでカード利用すればOK!!です。

 

まろすけの持ってるイオンSuicaカード は「自動付帯」。

じゃあべつに楽天カードでタクシー代払わんくても、イオンSuicaカードの保険があるからそれでいいやん?ってとこなんやけど…

 

実は海外旅行保険付きのカードを2枚以上持っていれば、

「ケガ死亡・後遺障害」の項目以外は保険金額が加算(上乗せ)されるのである。

 

まろすけのイオンSuicaカードの保証内容はちと弱くて、保障金額が少ないんやね。だから楽天カードとの複数持ち、複数使いでカバーしている。

カードによって保障内容が全然違うので、ご自身のカードの保障内容を確認し、旅行の日数や渡航先など考慮して、クレジットカードの保険でいいのか、それとも海外旅行保険かけたほうがいいのか判断すると良いと思います。

 

年会費無料のカードで、海外旅行保険が「自動付帯」のカードで良いのが JCB EIT カードo0020002011330911429

このカードは海外旅行のサイトとかですごく評判が良くて、年会費無料・自動付帯なのに保証が手厚い。

持ってるだけならタダやし、海外行く予定があれば早めに作ることオススメしますimage31絶対オトクやよね。

 

JCB EITカードはリボ払い専用やけど、月々の支払い設定金額を高くしておくっていうワザを使えば、リボ払いにならんくて済む。(JCBのWEBから設定可能)

リボ支払額を自由に設定できるので、一回払いのカードとまったく同じように使える。お店でカード使うときも「一括払い」と伝えればOK。

しかも初回支払い時までは金利・手数料が無料で、うっかり設定金額を超えても安心。

海外行くときはいっぱいお金かかるし、海外保険代が浮くのはありがたいやね。

 

人気ブログランキング参加してますimage29もしよろしければクリックお願いいたしますimage10


人気ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます♪

コメントはお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>