糖質量11.1gのカツ丼もどき♥おからともやしとカツで食物繊維たっぷりボリューム低糖質メニュー☆2/16

投稿日:2013.02.17 カテゴリ:こんだて&家計簿 - 丼・焼き飯・米っぽいMENU

2/16のお昼ごはん・低糖質メニューt00200020_0020002011064654639

IMG_0793

卵とじカツ丼もどきPIC001A6 一人分の糖質量 11.1g

 

2/13のお昼にも作ったカツ丼もどきt00200020_0020002011027720232お気に入りになっちゃった。

今回はもやしinしてみた。もやしは安くて糖質少なくて栄養価高くて優秀な野菜やわ。

市販のトンカツ使ってるけど、衣を高野豆腐 とかドライおから にして自作すればもっと糖質カットできる。

まろすけは衣をトングで削ってなるべくおとして使っている。

レシピ「楽天レシピ」にUPしたのでもしよろしければ参考にどうぞimage25 

低糖質☆おからの卵とじカツ丼風☆糖質11.1g♥
低糖質☆おからの卵とじカツ丼風☆糖質11.1g♥

料理名:カツ丼もどき
作者:吉田まろすけ

■材料(1人分)
材料名  分量/糖質量 で記載します。
市販のトンカツ 1枚(約100g)/5.4g
卵 1個/0.3g
緑豆もやし 半袋/1.6g
小ねぎ 1本(約5g)/0.2g
生おから 70g/1.7g
ごま油(おからを炒める用) 大さじ1/0g
★だし汁 250ml/0.1g
★しょう油 大さじ1/1.8g
★焼酎 大さじ2/0g
★ラカントS(他の甘味料or砂糖でも可) 小さじ2/0g
塩 小さじ1/2〜/0g
サイリウム(水溶き片栗粉でも可) 小さじ1弱/0g

■レシピを考えた人のコメント
糖質制限中。おからをごはんに見立てたカツ丼。

トンカツは衣をドライおからや高野豆腐をおろし金でおろして自作すればさらに糖質カットに!

詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

糖質量は食品成分データベース参照 ※食品に栄養表示があるものはそちらを記載

 

気に入ったものは短期間に何度もつくっては食すまろすけザンス。

またもや昼から糖質ゼロビールと一緒に食べたimage02

いくら低糖質でもこんな頻度でトンカツ食べたりビール飲んだらカロリーオーバーするんでないの?

とか思いながらもジムで運動してるしいいか〜PIC0009Cと楽観的にかまえておる。

おかげで体重ぜんぜん減らないぜ…

体脂肪は600グラム減ったんやけどな。

もうちょっとがんばって低糖質ダイエットつづけてみるなも。

 

ところでサイリウムでのとろみのつけ方。

最初サイリウムでとろみつけたものが、すごい苦手やってんよね。なんか「トロッ」じゃなくて「ドロッ」ていう食感で。

でも何回か使ってるうちにコツみたいなものがつかめて、片栗粉と同じように使えるようになった。

まろすけ的コツは

①火を止めて ②少しずつサイリウムを振りかけて ③こまめにかき回す ④温度がぬるいものに使用しない

まろすけの持ってるサイリウムの袋の裏には「温かい飲み物に溶けにくい性質があるので使用しないでください」って書いてあるんやけど、全然大丈夫。

逆にぬるいものに加えると嫌いな感じのとろみになるので、火からおろしてすぐ入れるようにしている。

あと混ぜるたびにとろみが強くなることがあるから、少しずつまんべんなく振りかけて、その都度かき混ぜるようにしたらうまくいきます。

まろすけの使っているのはこれimage18

アマゾン最安値 1,860円 (商品1,860円・送料無料)

オオバコダイエツト 500g

新品価格
¥1,860から
(2013/2/16 16:10時点)

楽天市場 3,754円 (商品2個+送料499円)

送料含む商品1個あたりの値段は1,877円だけど、ポイント10倍つくので楽天のショップの中では一番お得!

[59%OFF!]オオバコダイエット (2個セット)【ポイント10倍!】

価格:3,255円
(2013/2/16 16:14時点)
感想(186件)

今週の献立家計簿ノートと買い物・レシートは⇒こちらの記事

人気ブログランキングに参加していますde_03_0001_pもしよろしければクリックお願いいたしますde_01_0074


人気ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます♪

コメントはお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>