寺裏通りの地図♪タイ・バンコク・カオサン通りの裏にある通称「寺裏通り」のマップ紹介

投稿日:2012.12.24 カテゴリ:タイのごはん - 海外旅行と国内旅行

前回のタイ旅行ではバンコクのカオサンロード付近、通称「寺裏通り」に宿泊PIC00115

そして寺裏通りのあたりをうろうろしていたので、まろすけが行ったところを地図で紹介します。

※ふだんはごはんブログ⇒毎週のこんだて&家計簿やってます。よろしくどうぞ。

 

より大きな地図で カオサンの裏通り を表示

このサイトめちゃめちゃ安いです⇒ホテル予約ならHotels.com 

 

ちなみに上の地図上には「カオサンロード」と書かれていませんね…

※地図上の黄色い大通り、右のほうに丸いロータリーがあります。その左上に「Soi Damnoen Klang Nuea」という通りがあります。そのすぐ上の通り、アルファベットのTみたいに見える通りがカオサンロードです。「Soi Damnoen Klang Nuea」のSの文字から青いポイント地点までつづいている通りです。

地図の青色のポイント地点は写真無し。その他の色のポイントは写真があるのでUPしますPIC00147

 

寺裏に通じる階段が中にある雰囲気の良いカフェ(緑色のポイント地点)

cafe1

 このカフェの中を通るとカオサンロードから裏通りにショートカットできる。

外階段にカオサンへのショートカットって書いた看板が出ているので、誰でも通って良いみたいです。

いつも通っているとカフェの人と顔見知りになって、なんか悪いなと思って朝ごはん食べに来た。

 

cafe2

パニーニのセット。たしか120B(約300円)だったような…

オリーブをトッピングしてもらった。朝からボリューム満点!! 

 

fumus

友人がオーダーしたフムス(中東の料理)のセット。

これもたしか120B(約300円)だったと思う。

左の皿の右上のクリームみたいなのがフムス。

フムスも団子みたいなのも豆でできている様子。なかなかおいしい!

 

ムエタイのジム(赤色のポイント地点)

jim

ムエタイの練習風景が見られます。

体験ができるみたいで、外国人が練習しているのも見かける。

この辺りは犬(首輪はついてるけど放し飼い)がたくさんいるので苦手な方は注意。

 

シークレットガーデンゲストハウス(水色のポイント地点)

このゲストハウスは以前記事に書いたので⇒こちらの過去記事を参考にしていただければと思います。

シークレットガーデンには全部で6泊した。居心地の良いゲストハウスです。

 

食堂がたくさんあるエリア(ピンク色のポイント地点)

屋根と簡単なコンロがついただけの簡易食堂ともいうようなごはん屋さんがたくさん集まっている。

安くておいしいです。調理にはミネラルウォーターを使っている様子ですが、オナカの弱い方は注意が必要かも?

1

タイのごはんが安く食べられます。

写真まんなか右・トムヤムクン 90B(約230円)

写真左下・シーフードのパッタイ 80B(約200円)

左上は何だったかな…?

カオマンガイにしては鶏肉が茶色いような…?

 

雰囲気の良いレストランやBARがたくさん集まるエリア(黄色のポイント地点)

6  4

イルミネーションがアジアな雰囲気満載のエリア。りんごの香りの水パイプも吸える(約750円)。

3

ずらりと並んだパイプが幻想的に美しいPIC00118

このへんはイケメンのおにーちゃんや美人でスタイルが良いビアガールのおねーちゃんが多数いるので非常に楽しく飲めるPIC000E7

 

2

タイのオープンカフェにいると物売りのおばちゃんがカラコロカラコロ~とかえるの形の楽器をならしながらやってくる。

バナナの皮?で包んだたばこを1本20Bで売っているのでタイにいるときによく買います。

苦渋い味で好き嫌いはわかれる。

 

寺裏通りは他にも沢山レストラン・服やアクセサリーの屋台・食べ物の屋台・マッサージ屋さん・ゲストハウスがあるよPIC000BD

まろすけはいつも航空券だけ購入して、ホテルの予約もせずにこのエリアに来て過ごします。

ディープなお店、ローカルなお店がいっぱいで、たくさんの外国人が集まってとてもにぎやかなところです。

 

もしツアー予約するならJTBがおすすめ。航空券だけ購入して現地でオプショナルツアーを申込むのも楽しいです。

現地ガイドさんが優秀で、上手な日本語でとても楽しい時間が過ごせたよ。

海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能! 

 

人気ブログランキングに参加していますPIC001BFもしよろしければクリックお願いいたしますPIC001C1


人気ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます♪

コメントはお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>