エリカ様おすすめプログリーンズは毎日飲む。酵素と野菜がたっぷりで美容に最高だから。

投稿日:2012.05.31 カテゴリ:まつげ・美容

まろすけが愛飲している「プログリーンズ」

野菜不足と酵素の摂取のために毎朝「プログリーンズ」を飲んでます。

ミス・ユニバース・ジャパンの公式栄養コンサルタントの エリカ アンギャルさんの本で紹介されていたので購入したのがきっかけ。

【サプライズ放映】ProGreensミス・ユニバース・ジャパン(MUJI)公式栄養コンサルタントエリカ・アンギャルお薦め【アメリカ版健康青汁】プログリーンズ【送料無料お得2個セット】【送料無料05_45】【smtb-KD】

「プログリーンズ」は、水分を取り除く以外の加工を一切していない安全な食品で、酵素が生きたまま入っているんだって!!!

 

まろすけはいつも ストレートのりんごジュース:水 → 1:1 で割って飲んでいます。

ミルクor豆乳でもたまに飲みますが、やっぱりりんごジュースが一番おいしいです

 

毎朝飲んで、だいたい1ヶ月半くらいもつのでコストパフォーマンスも◎

りんごジュースは凝縮還元ではなく、ストレートのものを選んでいます。(ちと高いけど)

食事の前や食間などお腹がすいているときに摂ると吸収率がUPするらしいので、まろすけは朝いちばんに飲んでます

 

日本のサプリメントは添加物がたくさん入っている商品が多いし、品質の良いものは高かったりするけど、このプログリーンズは安心、安全な成分でできている上に安値でGOOD。

※サプリメントについてはこちらのサイト→「サプリメントの法則」にいろいろ載ってておもしろいです※

 
酵素・酵母に興味をもったのは、今年の冬に岐阜県の飛騨高山に旅行したのがきっかけ。

飛騨高山にある人気の観光スポットが「古い町並み」という通り。
 
造り酒屋がたくさんあって、試飲コーナーや立ち飲みスペースも用意されてます。
 
 
そこでしこたま日本酒飲んできましたーヒック
 

その中でもとくにおいしかったのが「生酒」。

 

生酒は一度も加熱処理(火入れ)をしていないお酒のこと。

通常は1度または2度の加熱処理がされてるけど、生酒は加熱処理が一切されてないので、酵母が生きています

 

さて、酵母とは何ぞや??と思い、お勉強してみました。

酵母は微生物の一種で、アミノ酸やミネラル分、ビタミンBや食物繊維が豊富に含まれています。

酵母はとても身体に良い菌類で、糖分を分解する力があります

甘いものを食べたときには、体内の糖分を分解して太りにくくしてくれます。

また、酵母が出す酵素の力によって、善玉菌の働きが活発になります。

肌荒れを防いでくれたり、便通が良くなる効果も期待できます。

さらに、身体の免疫力を高めたり、糖分の分解によって血糖値を抑えるといった働きもあります。

 

つまり・・・

①不足しがちな栄養素がたっぷり

②糖分を分解して太りにくくする

③肌荒れを防ぐ

④便通を良くして体内を浄化する

⑤免疫力を高めて強い身体を作る

⑥血糖値を抑えて生活習慣病を予防する

ということ

 

 

そして酵母は身体に必要不可欠な「酵素」を作り出します。

酵素は、生命活動の主役である「代謝」や「消化」や「呼吸」を助ける大切な働きをしています。

活性酸素を除去する「抗酸化成分」も酵素のひとつ。

現代の食生活では不足しがちな成分なので、意識して摂ることが必要

 

酵素の働きがもたらす効果は

①血液をさらさらにする

②腎臓と肝臓に負担をかけない

③悪玉菌を減らす

④活性酸素を無害化する

など。

 

酵母、酵素が多く含まれているのは「生もの、新鮮なもの、発酵食品」です。

酵母は熱を加えると死んでしまうので、加熱せず食べられる食品はそのままいただくのがBetter。

(ただ、胃腸が弱い人や冷え性の人は注意が必要。)

酵母、酵素が豊富な食べ物&メニューは

味噌 お酢 キムチ ヨーグルト チーズ 納豆 サラダ お刺身 フルーツ など。 

 

それから、「体温を上げる」ことも大切。

普通、人間の正常な細胞活動と酵素反応に適した体温は36.2~36.8℃と言われていますが、日本人女性の平均体温はどんどん下がっていて、35℃台の方がたくさんいらっしゃるそうです。

 

体温が1度下がると5000個もの酵素の働きが無くなってしまうとも言われています。

体温UPするには、身体を温める食材(根菜や色の濃い食材など)や半身浴、有酸素運動などが効果的。


人気ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます♪

コメントはお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>