タイの屋台ごはん 激安でうまい地元の人も利用するローカルタイフード三昧★

投稿日:2012.11.03 カテゴリ:タイのごはん - 海外旅行と国内旅行

タイといえば屋台!! 安くて、手軽で、気負いがなくて、まろすけは大好きです!!今回はそんな屋台ごはんをUPします
格安航空券・比較サイトはこちら⇒⇒⇒比較格安航空券

 

※10/29からタイに沈没しております普段はごはんブログやってるよ⇒⇒⇒献立ブログカテゴリー

 

★バンコクの屋台★

 

バンコク・カオサン通りによくいるパッタイ(タイ風焼きそば)の屋台で売っている春巻き。

3つでたしか35バーツ(100円)くらい。

ハサミでばちんばちんと切ってトレイに入れてチリソースかけてくれる。野菜たっぷりでおいしい。

ちなみに、屋台の人がパッタイを作るときはミネラルウォーターを使ってるよ。

 

タイの屋台はアーモンドや辛いふりかけや薬味が入っているかごが付いてて、そこから好きなものを好きなだけ使ってOK。

これ、フルーツ買うつもりでフルーツの屋台に行ったら、そこの売り子のおばちゃんが隣にあったパッタイの屋台からこれを買ってたの見て、あんまりおいしそーなんでつい買ってしまった。めっちゃうまい。

 

 

 

次はいろんな惣菜を並べて売っている大きい屋台で夜ごはんを購入。

こちらは、テーブル、椅子なども用意してある大きい屋台。観光客・地元の人両方が利用してました。

地元の人は屋台で惣菜を買ってビニールの袋に入れてもらって持ち帰ったりしてます。

 

上に写っている黄色っぽいのはチキンの煮込み。こちらは甘い味付けで全然辛くない。

下に写っているお皿の左側は豚肉とバジルの炒め物、右側は魚の煮込み。これが激辛!!!!!(味はすごくおいしい)

全部で70バーツ(200円)くらい。ビールは隣のコンビニで別途購入。こちらは1本約40バーツ(120円)くらい。

 

屋台のおにーさんが「辛いよ」と言ってくれたのだが、大丈夫と言ってよそってもらったのが失敗だった。

「タイ人が辛いと言うときは、本当に辛い」の法則を忘れてた。完食できずに残す。おにーさん、ごめんね。

 

 

 

フルーツの屋台もたくさんあります。ココナッツ・マンゴー・パイナップル・スイカなどがガラスケースで売られている。

1個20バーツ(60円)くらい。その場で食べやすい大きさに切ってナイロン袋に入れてくれます。

写真はココナッツ。うしろに小さく写っているのがフルーツの屋台。

 

 

 

 

★プーケットの屋台★

 

   

こちらはプーケットの屋台のタイ風ラーメン。

プーケット、まろすけが泊まっているエリアは屋台が少ない。でも、地元の人はどこかから袋入りのごはんを買ってきて食べてる。

たぶん地元の人用のごはん提供する場所があるんだろうな。

タイでは屋台やレストランなんかでも地元の人用のごはんと地元の人用の料金(値段)が用意されている。

 

左・40B(約120円) 食べかけで写真撮ったのでまずそうだな~…ほんとはめっちゃおいしいですよ。

右・50B(約140円) 違う屋台のもの。左のより具材の種類が多かった。

 

屋台の横にはトッピングのかごが置いてある。バジルやよくわかんない野菜、ふりかけ的なものまでのせ放題!!

 

 

 

なんか揚げ物の屋台。食べても何かわからなかったw 1パックで40B(約120円)くらいだったと思う。

パクチーとざく切りのキャベツ・きゅうりを別の袋に入れてくれる。

タレは辛いのとピリ辛を選べる。ピリ辛を選んだけどけっこう辛かったぞ…!!

 

 

 

こちらは屋台ではなく、レストランの裏口の持ち帰り専用の注文口から購入。

タイ風チャーハン。カニが入ってます。1皿80バーツ(約240円)。

 

店の前にメニューがあったので、ながめているとお店のおばちゃんがどれにする?と声をかけてくる。

「パクチーが好きだけど、パクチーがいっぱい入った料理はどれ?」と怪しい英語で聞いてみると、

「パクチーが入ってるのはトムヤムスープのみ。でももしあなたがパクチー好きなら、上に載せてあげるよ」と(たぶん)言ってくれた。

 

で、出来上がったらパクチーがいっぱい載ってた~

おばちゃんは手招きして、「これでいい?」と聞いてくれる。もちろん異存なし。うれしいーーー!!!

 

あとでわかったことだけど、地元の人(ゲストハウスのスタッフなど)は、ここのレストランから40バーツ(約120円)でごはんを購入している様子。

日本の物価から見れば、このチャーハンが240円ってのも激安だけどね。


 

人気ブログランキングに参加していますもしよろしければクリックお願いいたします


人気ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます♪

コメントはお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>